アンティークが好きです。お気に入りを少しずつご紹介してゆこうと思います。


by アンティーク
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アンティークのメタル・ボタン☆猟犬

ゴールデン・ウィーク後半は、二日連続でドッグランに行きました。
都内のドッグランは混んでいるし、小型犬も沢山いてカオス状態なのは想像できたので、初めての場所へ。
牧場のように広い場所なので、小さい子(人も犬も)がいても、大丈夫でした。
久々に、愛犬の本気走りを見ることが出来ました♪
サラブレッドのように走るのです。柵を飛び越えないか、怪我をしないか、心配でした。
柵には激突してしまいましたが、無傷でした。良かった。。。

さて、本日ご紹介するのは、2頭の猟犬がプレスされた、アンティークのメタル・ボタンです。
f0326205_12514089.jpg
材質は真鍮だと思います。100年は経っていると思います。

草原を、鳥か狐かを追い立てているのでしょうか、2頭の猟犬が吠えている図です。
右後ろには猟師が!細かい図案ですね。よく出来ています。
こういうの、大好きです♪
犬は、イングリッシュ・セッターでしょうか。アイリッシュ・セッターかな?
犬好きとしては、そんな風に興味を掻き立てられます。

裏側が。。。戦禍をくぐりぬけてきたような状態で。。。
f0326205_12515983.jpg
絶対、火に焼かれたと思うのです、この裏側から想像するに。裏側は鉄製かも。
とすると、表と裏で材質が異なる、珍しいボタンです。
ボタンは、今でこそありふれた大量生産の何でもない代物ですが、かつては貴重品でした。
だからこそ、今でもアンティークとして大切に保存され、人から人へ受け継がれているのです。

直径1.5cmくらいの、小さなボタン。
シャツの一番目のボタンをこれに縫い替えたら、とてもお洒落だろうなぁ。
ボタン・ホールに入らなかったら、襟先やポケット、帽子に縫いつけてもかっこいいですね。
ボタンは、二枚の布を留めるだけにあらず、ブローチやアクセサリーの如く使えるのです。
仕入れ値もそれなりでした。ボタンて、意外とお値段が張るのですよね。
現代の物であっても、ちょっとしたアクセサリーと同じくらいのお値段だったりします。

他にも、犬モチーフのアンティーク・メタルのボタンがあるので、別の機会にご紹介します。



by chienmarchant | 2014-05-08 13:07 | アンティーク