アンティークが好きです。お気に入りを少しずつご紹介してゆこうと思います。


by アンティーク
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

四つ葉のクローバーの香水瓶

とあるアンティーク好きのブログです。

アンティーク好きが高じて、以前、銀座にてケース・ショップを開いていました。
当時載せて頂いた記事がこちら↓の、Februaryというお店。
アンティークモール銀座ケースフロアBlog February
都合により閉めましたが、いつか復活したいです。
スタッフの方たちもとても親切で感じが良かったので、本当に貴重な経験をさせていただきました。

面白いことに、個人的に「これはお薦め♪」と思っていた物ではなく、意外な商品がお嫁に行きました。
これがまさに、アンティークの魅力なんだなぁと再確認した次第です。
「これ、いったい何?」とか「何の役に立つか分からないけどとにかく惹かれる!」とか「見ているだけでhappy♪」とか。
私がアンティークに目覚めたのも、そういうきっかけだったと思います。
人それぞれのアンテナに引っかかる物=いわゆる掘り出し物には、大量生産の現代の物にはない魅力がたくさんありますね。

ここでは、私のコレクションを少しずつご紹介してゆきたいと思います。
アンティーク好きな方と気持ちを共有出来たらなと思います。

また、ご紹介する物のほとんどが、かつてお店に並べていた物、並べようとストックしていた物、です。
ご興味のある方はご購入頂くことが出来ますので、どうぞご連絡下さい。

なるべく近いうちに、HPを作りたいと思っております。
pcに向かう時間が限られていてなかなか手をつけられず困ったものです。

さて、本日ご紹介するのはこちら。四つ葉のクローバーの香水瓶です。
f0326205_13063988.jpg
これはパリのとある香水瓶のお店にて入手しました。
1890年くらいの物、と、店主のおじさまがおっしゃっていました。
チェーンの真ん中にはおそらくリングが着いていたはずです。
当時、リングのように指にはめる香水瓶が流行っていましたので。
材質は真鍮にエナメルです。
エナメルがしっかりと厚くて、年代を経ても全体にとても綺麗な状態です。

裏側も丁寧に細工が入っています。ロココ調のロマンティックな模様ですね。
f0326205_13063903.jpg
美しいレース細工の蓋を開けるとガラスの栓があり、液体を入れてもこぼれない仕組み。
実際は、瓶の中にコットンなどを詰めて、そこに香水を沁みこませていたのではないでしょうか。
f0326205_13063865.jpg
大きさは、6 X 3センチほどで、掌にすっぽりと収まります。
ピンを付けてブローチにしたり、チェーンをつけてネックレスにしたり、アクセサリーにも転用出来ますね。
母の日のプレゼントなどにも良いかも知れません。

蓋に少し歪みがあるのと、エナメルの一部にごくごく小さな欠けがありますが、
本当にアンティークが好きな方なら気にならないと思います。(私は気にならない派です。)
ご興味を持たれた方、是非ご連絡下さいね。











by chienmarchant | 2014-03-28 13:46 | アンティーク フランス